*

(2013/08/17) 「迷惑メール判定されにくい」レンタルサーバーの比較は可能か?

公開日: : ブログ



特に、法人やSOHO及びネットショップを運用するようなユーザから「送信したメールが迷惑メールと判定されにくいレンタルサーバーはどこですか? 」と最近よく聞かれます。

送信したメールが相手側で迷惑メール判定されてしまうと、ビジネス的にトラブルとなってしまったり、(特に迷惑メールフィルタのことを知らないユーザは)あまり体裁がよくない気持ちになるということもあるようです。「普通のビジネスメールなのに…」というわけです。

しかし、「どうすれば迷惑メールと判定されにくいか」や「どのレンタルサーバーを使えば送信したメールが迷惑メールと判定されないですむか」は、実は正直非常に難しい質問です。

「迷惑メール判定されにくい」レンタルサーバーとは?

迷惑メール判定された理由はだれにもわからない



始めから失望させてしまうようなことを言ってしまいますが、実のところ、「そのメールがどうして迷惑メールと判定されたか」はだれにも分からないことがほとんどです。

よく迷惑メールフィルタのサービス提供者に「なぜこのメールが迷惑メールと判定されたのか」や逆に「なんで迷惑メールとこれが判定されないのか」と聞くユーザがいます。サービスの提供者(レンタルサーバーなどの事業者)ならその理由を知っているのではないか – と思われているのです。

しかしながら、実際のところはサービス提供者さえ、その理由がわかることはほとんどありません。
なぜなら、だいたいの場合において、迷惑メールフィルタの判定エンジンや機能自体は、レンタルサーバー事業者が作っているのではなくて、別の開発元から提供されたものを使っているからです。

開発元として有名なのは、トレンドマイクロやシマンテック、F-secure、クラウドマークなどです。
そしてこれらの開発元は、迷惑メール判定エンジンの内容をレンタルサーバーなどのクライアントに対してさえも明かすことは基本的にはありません。

たとえて言うなら、暗号化の技術の開発者が「こうすればこの暗号が解けます」と公開することはありませんよね。それと同じで、迷惑メール判定エンジンの開発元が「これが迷惑メールと判定された理由です。」を公開することは基本的にはないのです。それがわかってしまえば「それならそれを回避すれば迷惑メールと判定されなくなるのか」ということまでわかってしまいます。つまり迷惑メールフィルタの価値がなくなってしまうわけです。

そう言われても…

「迷惑メールと判定される理由はだれにもわからない」だけでは、この話は元も子もなくなってしまいます。

「わからない」は前提ではありますが、「これかもしれない」という推測が出来ることが全くないわけではありません。勿論、明らかに猥褻なメールなどは別です。そうではなくて、「正常なメールの筈なのに迷惑メールと判定される」場合の理由です。

メールの大量送信と迷惑メール判定の関係性

まず、もう一度繰り返しますが、「迷惑メールと判定される理由はだれにもわからない」という前提はあくまで変わりません。ここでいうのは、1つの可能性と考えてください。ただし、この可能性はよくあるものの1つではあります。

迷惑メール判定されやすくなる理由の1つとして「そのサーバから大量の迷惑メールが送信されている」ことが判明した場合、同じサーバから送信される別のメールも迷惑メールと判定されやすくなることがあります。

迷惑メールフィルタの世界ではよく、「レピュテーション(reputation/評判)」という用語がつかわれることがあります。つまりメールを送信するサーバの「評判」が悪くなると、そのサーバから送信されるメール全てが迷惑メールと判定されやすくなるわけです。

レピュテーションは、迷惑メール判定の優れた技術の1つではありますが、これだけでは「罪のない」多くのメールも誤って迷惑メールと判定されてしまうことになります。そして悪いことには、品質の低い迷惑メールフィルタ程、このレピュテーションに頼り過ぎる傾向があります。さらに、レピュテーションを決めるデータベース(またレピュテーションに似た内容を決めるデータベース)はたくさんあるので、その精度の質も、もろもろです。

もっというと、「迷惑メールを送っているユーザ(または会社)」が必ずしも悪意のある会社というわけではないことも厄介な点です。

よくあることの1つは、ユーザがウイルスに感染してしまって、パソコンやパスワードを含むメールアドレスの情報が迷惑メールフィルタ業者に乗っ取られて、結果的にそのメールアドレスから迷惑メールが送信されてしまう – といったケースです。リテラシーの低いユーザを多く抱える法人の管理者などは耳の痛くなるような話ではないでしょうか。

「メールの大量送信」は飽くまで可能性の1つ

ただし「メールの大量送信」も飽くまで可能性の1つなので、「正常なメールが迷惑メールと判定される理由」「メールの大量送信」というわけでないことには気を付けなくてはいけません。

さらに、わかりにくいのは、「メールの大量送信が原因でそのサーバからのメールが迷惑メールと判定されやすくなっている」ことをサーバ管理者が必ずしも確認できるわけではないことです。もちろん、あきらかに不自然なメールの大量送信を見つけたり、また、レピュテーションに近い技術の「ブラックリスト」という技術を使っている業者から、「あなたのサーバはブラックリストに登録されています」と伝えられることがあり、それにより判明することがないわけではありません。ただし、それが全てではないのです。

「メールマガジンを多く送信する一般のユーザ」もいるわけです。

低価格なレンタルサーバー程、大量のメールが送信されやすい事実はある

さて、ここが読者のみなさんの求めている結論になるかとは思われますが、1つ確実に言えることは、表題通り「低価格なレンタルサーバー程、大量メールが送信されやすくなる」ということです。

迷惑メールらしきメールを大量に送信するユーザやスパム業者は、出来る限り予算を節約しようとしますので、その分低価格なレンタルサーバーを利用しようとします。さらに多くのユーザを抱える低価格なレンタルサーバー程、一般のユーザの利用に支障をきたすようなスパム業者への対策が滞りがちになってしまいます。

そのため、あくまで「1つの可能性」ではありますが、「送信するメールを迷惑メール判定されたくない」のであれば、低価格なレンタルサーバーを選択しないことです。具体的にいえば、数百円以下のサービスを使うとその可能性が高くはなります。

ただし繰り返すように、飽くまでこれも可能性の1つであることを忘れてはいけません。

高価格なサービスであっても、上述のように、ウイルス感染したユーザがいたことが原因で一般のユーザがメールの大量送信を行ってしまうこともあるわけです。とはいっても、品質の良い価格の高めのサービスの方が「可能性が低い」のは事実です。

低価格でも高品質なメール専用サービス – KAGOYA メール共用プランの紹介




「低価格なサービスであると迷惑メール判定されやすい可能性はある」と上記しましたが、1つ例外といえる本サービスは、月額ワンコインから使えますが、基本的にはSOHO/法人向けで、多くの企業の利用実績がある安定性・信頼性の高さが魅力です。多くの個人ユーザを抱える同価格のサービスよりも管理が行き届いており、「送信したメールが迷惑メールと判定されたくない」というユーザに著者がおすすめしています。

「このサービスを選んだから絶対に安心」とはもちろんいえませんが、比較的安心といえます。

サービス詳細:KAGOYAメールプラン – 低価格で高信頼/高品質ウェブメール提供のメールサービス。

server_reg_336_280

関連記事

blogn

(2014/12/26) ロリポップ エンタープライズプラン/さくらインターネットとの比較と評価

ロリポップ エンタープライズプランは、機能性が高いことに加えて、

記事を読む

blogn

(2013/10/05) 業務効率化に本領を発揮する高品質レンタルサーバー比較・ランキング(SOHO/法人向け)

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}

記事を読む

blogn

(2013/09/08) SOHO/法人が共有レンタルサーバーのメール機能にもとめていただきたいこと

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}

記事を読む

blogn

法人向けにおすすめ! WordPress専用レンタルサーバーサービスの比較・ランキング

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}

記事を読む

blogn

(2013/12/22) WADAXを評価する理由と他の高評価サービスとの比較

WADAX は SOHOユーザ向け・法人ユーザ向けに人気のあるレンタルサ

記事を読む

blogn

(2013/08/18) Bizメール&ウェブ エコノミー再評価! – SOHO/法人用初心者向けサービスの決定版

SOHO/法人ユーザで「おすすめのレンタルサーバーはなんですか?」とコンサルティングを求められた

記事を読む

blogn

(2015/05/10) SOHO・法人向けにおすすめできる低価格メールホスティング KAGOYAメールプラン

SOHOや法人がレンタルサーバー選びをする際に、最も選択に困るのはメール機能のようで

記事を読む

blogn

(2014/01/26) 中小企業向けのメール情報漏えい対策ができるレンタルサーバー

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}

記事を読む

blogn

(2014/03/09) 共用レンタルサーバーの「メールアドレス無制限」に気をつけろ!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}

記事を読む

blogn

(2014/01/19) KAGOYAがメール誤送信対策・メール監査機能(Active! gate)を提供開始

2014年1月、KAGOYAレンタルサーバーサービスでは、メール誤送信対

記事を読む

server_reg_336_280

server_reg_336_280

PAGE TOP ↑