*

おすすめのマネージド型専用サーバーの比較(法人向け)

公開日: : レンタルサーバー最新比較

2016/05作成

共用レンタルサーバーの限界は?何人まで使える?

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s
安価でサーバ運用に慣れていないユーザでも簡単に利用できる共用レンタルサーバーをビジネス用に使いはじめる場合、こんな疑問をお持ちになったことはないでしょうか。もちろんレンタルサーバーにもさまざまな種類があり一概にいうことはできませんが、概ねメールを利用するユーザが100名を超えた頃から「メールの受信に時間がかかる」「メールの送受信を行うとエラーになる」といった不具合が発生しやすくなるようです。

100名を大きく下回っていたとしても、IMAP接続でメール送受信を行っているなどで負荷が高い状態であるすると同様の症状が発生することが増えます。場合によっては、メール側の負荷が過多になったことが原因で、同じサーバ内にあるウェブサーバも支障をきたし「ホームページが参照できない」といったトラブルが発生することもありえます。

そのため、従業員規模が100名を超える法人の場合は、共用レンタルサーバーではなく、一社で専有できる専用型のレンタルサーバーを利用することをおすすめしています。

専用のレンタルサーバーって運用するのに専門的な知識や多くの工数が必要になるのでは?

専用レンタルサーバーをおすすめする際によく聞かれるのがこんな心配です。一般的に、専用レンタルサーバーは、複数社で共有する共用レンタルサーバーと異なり、自社にあわせた複雑な運用ができるといった自由度が高い代わりに、ソフトウェアのインストールから設定まで企てを自社の管理者が対応しなければならないので、高度な専門知識が必要となります。また物理的な要因以外でサーバに問題が発生した場合は、やはり自社管理者にて対応しなければなりません。

このようなことから、ITの知識が豊富な管理者のいない企業には専用レンタルサーバーの利用は困難ですし、といってそのためにIT運用の担当者を採用すれば今度は人件費の方が馬鹿になりません。そこで、このような場合おすすめするのが、共用レンタルサーバーの手軽さと専用レンタルサーバーの高品質を兼ね備えたマネージド型専用レンタルサーバーです。

マネージド型専用レンタルサーバーとは?

マネージド型専用レンタルサーバーとは、その名の通りサービス提供者側でサーバの管理をしてくれる(マネージド)専用レンタルサーバーのことです。この場合、マネージド型でない専用サーバに比べて自由度が低くなりますが、「共用レンタルサーバーと同じような機能があればよい」ということならマネージド型がおすすめとなります。「別に複雑な設定をするわけではないが、メールアドレスを利用するユーザ数が多いから共用レンタルサーバーは使えない」という法人にとっては最適なサービスといえるのです。

このページで紹介するマネージド型専用レンタルサーバーの簡易比較表

それでは、おすすめのマネージド型専用レンタルサーバーを紹介してまいります。
まずは、この記事で紹介するマネージド型専用レンタルサーバーの簡単な比較表を以下に記載します。

サービス名プラン名月額料金ディスク容量備考
カゴヤメールプラン
専用タイプ12,000円~500GB効率的にメール環境のみ専用サーバーに
WADAX専用サーバー
フルマネージド36,500円~SSD200GB
HDD1TB
高い品質のサポートとセキュリティ
さくらマネージド専用サーバー
HDDプラン11,880円~700GBコスト重視なら
CPIマネージド専用サーバー
CHM-01Z27,000円~200GBSLA100%稼働率保証と抱負な機能

【カゴヤメールプラン専用タイプ】メール環境だけマネージド専用サーバに



法人利用で、レンタルサーバーの負荷が高くなる要因としてあげられることが多いのがメールの利用です。そこで、メール環境のみ高価なマネージド専用サーバを利用するという方法も考えられます。

カゴヤメールプランは、スマートフォンにも対応した高機能ウェブメール Active! Mailの提供をはじめ、メールアカウントー括設定や、オプションで誤送信防止やメールアーカイブも利用できるなど高い機能性を誇るサービスとなっています。また、高い安定性を誇りサポートに関しても365日電話対応(平日は22時まで対応)するなど安心して利用できる点も魅力です。ディスク容量2TBを提供するエンタープライズプランもあります。

【WADAX専用サーバ】IPS/DDoS対策など高セキュリティを誇るサービス



WADAX専用サーバは、セコムトラストシステムズ社と組んで、不正侵入検知防御(IPS)やDDoS攻撃防御といった対策を行っている高セキュリティなサービス。WordPressを利用しているユーザ向けには、業界初のWordPressセキュリティ専門サービスである「WordPress脆弱性診断 KYUBI」が採用されている点も大きなポイントと言えるでしょう。

また、メール機能に関しては、世界的シェアNo1を誇るクラウドマーク社のエンジンと日本語スパムに強いSVMというフィルタを組み合わせた迷惑メールフィルタ「Active!hunter」を採用しており迷惑メールに困っている企業には特におすすめです。

【さくらマネージド専用サーバー】低価格かつ転送量制限の緩やかさは業界随一



さくらマネージド専用サーバーは、マネージド型の専用サーバでありながら、月額約1万円で利用できるお手頃な価格が魅力です。また、こちらのサービスは、転送量制限が200GB/日と業界屈指の緩やかさを誇るので、アクセスが集中するサイトや高画質画像・PDFデータを大量に掲載するサイトの運営にも適しています。

【CPIマネージド専用サーバー】100%稼働保証のSLAを提供する上で機能豊富な高品質サービス



CPIマネージド専用サーバーは、マネージド専用サーバとしては業界屈指の機能性を誇るサービス。外部バックアップやWeb改ざん検知(100ページまで)のような安心に運営するための機能が標準で提供されている他、月額たった900円追加すれば24時間365日の電話サポートも利用できます。

また、最大1GBのファイルを相手に送信できる「Get a File」やファイル共有プロトコル「WebDAV」に対応するなど、業務効率化を図ることのできる機能も多く搭載されています。さらに通常年間数万円はくだらない独白SSL用のサーバー証明書もこちらのサービスなら1つ無料で提供されます。その他にもさまざまな機能が採用されているので興味があれば、リンク先から機能表を参照ください。

サーバ移転を代行するサービスも無料で利用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。共用レンタルサーバーの利用ができなくなった企業でも、今回取り上げたようなマネージド型の専用サーバを採用すれば、今までと同様に簡単にホームページやメールの運用が可能となります。また、共用レンタルサーバーに比較すれば、その品質の差は歴然なので、今までより快適にホームページやメールを利用できるようになるでしょう。

server_reg_336_280

関連記事

8aaa436f15c209d9072f66c1c5f8791e_s

独自ドメインが無料のレンタルサーバー比較

2016/04作成 独自ドメインとは? 独自ドメインを取得するメリットは? ドメインとは

記事を読む

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

WordPressが使えるおすすめの格安・高機能レンタルサーバー比較【ビジネス向けも紹介】

2016/04作成 WordPressとは? WordPressとは、基本的にはブログを

記事を読む

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

法人向けおすすめ定番レンタルサーバーの比較 – このサービスを利用すれば問違いない!

2016/05作成 レンタルサーバーの利用に不慣れな方にとっては、そもそも何を基準にサービス選

記事を読む

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

ディスク容量に余裕があるおすすめのレンタルサーバーの比較・紹介

2016/05作成 【ディスク容量の目安】(1)そもそもどの程度必要ですか? レンタルサーバ

記事を読む

f301a7a326e97760e69cbb1cf7890f86_s

【レンタルサーバーの転送量比較】転送量の緩やかなサービスの紹介や比較など

2016/04作成 レンタルサーバーの転送量の意味とは? そもそもレンタルサーバーにおいて転

記事を読む

server_reg_336_280

server_reg_336_280

PAGE TOP ↑